産廃を処理するために│ゴミを破砕する機械を使用する

男性

効率良く処理するには

ごみ

工事現場から生じるゴミのことを産業廃棄物といい、産廃とも呼ばれています。産廃は汚泥や木くず、瓦礫や大きな石などが含まれているのです。他にもコンクリートガラ材などの、工事現場で使用した資材も産廃といいます。これらは普通のゴミのように捨てることができないため、業者が責任を持って処分しないといけません。処分方法はその地区によって変わりますので、事前に確認しておきましょう。大きな石やコンクリートのガラ材などは細かく破砕しないと、処分することができないということで工事業者によって、細かく破砕を行ないます。ですが、破砕する作業は専用の機械がないと行なうことができません。専用の機械は、産廃を処理する機械を開発、販売している製作所からレンタルしましょう。レンタルなら値段も安く利用することができますし、製作所に依頼すればメンテナンスもしてもらえるので長い間使用することができます。購入する資金が用意できないという業者は、レンタルすることをおすすめします。破砕を行なう機械には、ハンマー式打撃破砕というものを採用しています。これを使用することで効率良く石やコンクリートを砕くことができるのです。それだけではなく、破砕を行なうハンマーの先には衝撃や摩耗性に優れた素材を使用しているため、簡単に壊れることなく長い期間使用することができます。他には、ハンマー以外にもベルトコンベアとセットになっているものがあって、これなら破砕したものを運び出すことができるのです。産廃用の機械を借りるならこのような機械を所有している業者から借りましょう。

業者を選ぶポイント

廃品

さいたま市では一般廃棄物は各自で処理するか、収集業者に依頼して処理しないといけないという決まりがあります。そのため、多くの飲食店などが収集業者に処理を依頼しています。

詳細を読む

地球のために再利用

メンズ

使用してもう捨てる油のことを廃油といいますが、この廃油は業者に回収してもらわないといけません。回収業者によっては廃油を再利用できるような取り組みや、無料で回収するサービスをしています。

詳細を読む

廃棄物をリサイクル

不要品

産業廃棄物の中には、再利用することが可能なものがあるかもしれませんので、その中から再利用できるものを探す作業を産廃選別といいます。この作業では選別のための機械を使用することで、効率良く作業を行なうことができるのです。

詳細を読む