避妊失敗時にできること

アフターピル以外の避妊方法

セックスの前にできる避妊方法でいうと、リズム法などを思い浮かべる人がいるでしょう。しかし、それは避妊成功率が高くないといえます。
それでは他に一体どんな避妊方法があるのでしょうか。

» 詳細を確認する

避妊の為に備える大切さ

男女ともに付き合っているからと言って、結婚や妊娠を必ずしも望んでいるとは限りません。万が一妊娠ということになって、困るのは女性です。望んでもいないことで困らない為にも、避妊について備えておきましょう。

» 詳細を確認する

女性が自身を守る避妊

避妊をおこなうことに関して、男性に頼るのではなく女性自らができる避妊方法を知りましょう。その方法には、低用量ピルやアフターピルを飲むことがあります。それぞれの特徴を知り、今後の避妊に役立てましょう。

» 詳細を確認する

避妊失敗したらアイピル

妊娠を避けるためにピルを飲む

想定外の妊娠を防ぐために、普段から避妊を意識している女性はどれほどいるでしょうか。また、その避妊も男性にコンドームを装着してもらうだけにとどまっている人も多いようです。

しかし、コンドームだけでは装着方法が誤っていたり扱い方が雑になっている場合には、行為の最中に破損する、もしくは外れてしまう危険性もあるのです。そうなってしまうと、もちろん意味は無くなるので、妊娠する可能性がでてしまいます。

もし、コンドームを装着しても避妊に失敗した、そもそも避妊ができなかったときに役立ってくれるのがアイピルなのです。アイピルはアフターピルの一種で、セックスの後に飲むだけで避妊効果を発揮してくれることで人気の商品です。

もちろん他の種類も同様に、飲むことで効果を発揮してくれますが、アイピルは産婦人科などで主流となっている避妊薬のジェネリック医薬品なので信頼性が高いのです。
そのうえ安い価格で購入出来るにも関わらず、副作用が強くはあらわれにくいことで知られています。

アイピルなどのアフターピルの服用以外にも避妊のためにできることはありますが、そのすべてがセックスの前にしなければ意味は無いことなのです。その為、セックスの後に避妊に失敗したと気付いた時にできる唯一のことがアイピルの服用だと言えるでしょう。

セックスの後に避妊ができる仕組みについては、本来整っているはずのホルモンバランスを急激に崩すことで半ば強制的に排卵を抑制したり、子宮内膜が剥がれ落ちるように促すのです。
その結果、妊娠を防ぐ働きをしてくれます。しかし、その反面ホルモンバランスを崩すので女性の身体とっては大きな負担になることを理解しておくことも大切です。これらのことを理解した上で、どうしても必要な時に限りアイピルを服用するようにしましょう。