避妊失敗時の対処方法
避妊失敗、その時の対処法って?   >  アフターピル以外の避妊方法

アフターピル以外の避妊方法

避妊リングなどを知る

セックスの後にできる唯一の避妊方法、アフターピルの服用。そのほかの避妊方法には一体どのようなことがあるのでしょうか。
簡単にできる避妊方法と聞くと「リズム法」や「膣外射精」という人も少なくないでしょう。ですが、それらの避妊成功率でいうと低いといえるでしょう。

リズム法に関しては正しい生理周期から排卵日を予想して、妊娠しづらい日を計算する方法ですが、女性のホルモンバランスというのは生活習慣やストレスなどで変化しやすいものです。

しかし、排卵が起こっているか起こっていないかというのは女性自身でも分からないものです。そのため、排卵が起こらないと思っていても何らかの原因でホルモンバランスが乱れ、排卵が気付かないうちに起こっている可能性もあるのです。

そして、膣外射精に関してもそうです。安全日であろうとなかろうと、コンドームを付けないままセックスをしている段階で既にカウパー(我慢汁)などから精子が膣内に侵入することが考えられます。
そのセックスから前後2日以内に排卵が起こった場合には、女性の膣内で精子の活動が続いていると、そのまま妊娠する可能性があります。

他の避妊方法には、避妊手術や避妊リング、低用量ピルの服用などがあります。このなかで低用量ピル以外の方法を行うためには手術が必要となるので高額な費用がかかります。
避妊手術に関しては一度おこなってしまったら、また妊娠できる状態にすることは難しいとされています。

避妊リングは、装着時・除去時ともに手術が必要になるので、金銭的にも肉体的にも負担が大きいといえます。

セックスの前におこなえる避妊方法で最も簡単で、避妊率が高いのが低用量ピルの服用といえるでしょう。この方法は普段のホルモンバランスをピルによってコントロールすることで、排卵・子宮内膜の増殖抑制効果が働き、ほぼ100%の確率で避妊ができるのです。

これまで紹介したセックス前にできる避妊方法の中では、低用量ピルを飲むことが体に負担が少なく安全で、かつ避妊成功率が高いのでおすすめです。